Artist(2012)

タテタカコ -tate takako-

国立音楽大学・音楽教育学科卒。2001年頃から地元・長野県飯田市を中心にライブ活動を始める。2004年夏、映画「誰も知らない」(04/是枝裕和監督作品)挿入歌「宝石」を収録したアルバム「そら」をリリース。2007年春、よしもとばなな原作による映画「アルゼンチンババア」の主題歌としてシングル「ワスレナグサ」を、さらにピアノと歌による表現を深く掘り下げたフルアルバム「イキモノタチ」をリリース。そのリリースツアー「狼の皮を被った羊」では、人づてに広がった評判が各地で独特な活動状況を生み、ツアー中に収録されたドキュメンタリー番組「情熱大陸」で、その様子が紹介された。2010年春、「帰路」(ピタットハウスCM使用曲)収録のアルバム「Harkitek or ta ayoro」をリリース。単に澄んでいるだけではない個性的な声と、その場の空気を吸い込んでしまうような強い求心力を発揮するライブ・パフォーマンスが印象的。滋賀県湖南市で行われた「空中音庭」(第一回・第二回)にも出演。震災後、精力的に被災地をまわり現地で演奏活動を行う。

オフィシャルサイト: http://www.tatetakako.net/

 

-Music-

イシダストン -ishidastone-

滋賀県湖南市に住む音楽家。「トレーニングボイジャー」「ブギーパンツ」「モリマモリ族」と様々なバンド経験・音楽活動を経て、2011年春には初のソロアルバム「一人だけの楽隊」を発表。やさしくあたたかい歌声と多彩な演奏力、そして斬新かつハイセンスな切り口で、人と時代を力強く表現する。七色の声を持つ滋賀の宝玉とうたわれる音楽家「小川賀子」氏の夫であり、夫婦でのユニット「よしこストンペア」としても活動。東京・下北沢のmona records」や大阪・南森町の「雲州堂」でのライブのほか、地元・湖南市でも自主企画の音楽会「ご近所さんライブ@くらしカフェ」を行っている。昨年の夏に滋賀県湖南市で行われた「空中音庭」の主催者兼出演者であり、本イベント「音鳴音庭」でも出演者としてだけでなく相談役としても協力。音楽を通じて広がる楽しみ方を日々模索し生み出し続けている。

あとブログ、めちゃ面白いッス。必見!

バリバリ石田100%将人伝説: http://yaplog.jp/bp_ishida/


みんな実そうま合唱団(ポクポク山の音楽隊)

オフィスストンプ所属アーティスト「ポクポク山の音楽隊」は、福島県南相馬市のこどもたちと展開する「げんきの実プロジェクト」の一環として、2012年3月7日にCD『げんきの実』をユニバーサルミュージックよりリリース。「げんきの実プロジェクト」は、アーティスト「ポクポク山の音楽隊」が中心となって、「こどもたちと一緒に歌をつくろう」と活動しているプロジェクト。

きっかけは、2009年に同音楽隊が楽曲制作用に鳥のさえずりを収録した場所が南相馬市の森だったこと。公式ウェブサイトに登場する「森」のイラストのモデルになったその場所も南相馬市の森。昨年夏に以前から交流のあった南相馬市のスタジオ「サウンドファクトリー」と協働して、こどもたちとレコーディングが完了。これまでに南相馬から外へ向けての演奏活動を多数行ってきた。今回、南相馬にいる人たちにも歌声を届けたいとの想いから、音鳴音庭に参加が決定。

 

公式ウェブサイト: http://www.pocupocu.com

 

tetote

福島県立原町高等学校卒業生で、軽音楽部同好会に所属していた3人で演奏いたします。この3人は高校時代、原高文化祭でも一緒に演奏したメンバーです。

本イベントでは、オープニングアクトを務めさせていただきます。

 

-Art-

野村 朋範-TOMONORI NOMURA- (Graphic Design)

エッジのきいたスタイリッシュなデザインでありながら、どこか優しくてノスタルジックな印象が残る独特の世界観。とても素敵です!今回、音鳴音庭のイベントポスターをデザインしていただきました。舞台背景にも一部デザインを使用させていただきます。下記サイトで他の作品もご覧になれますので、ぜひチェックしてみてください。

 

http://www.behance.net/tomonorinomura